ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ宮城県の指定文化財指定文化財|史跡|西の浜貝塚

指定文化財|史跡|西の浜貝塚

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

西の浜貝塚

史跡|宮城郡松島町|

松島湾の北西部にあり、館ケ崎丘陵から枝わかれして海岸に突き出した標高15mの舌状台地から海岸部にかけて立地している。規模は東西130m、南北200mにおよび、松島湾では大木囲貝塚・里浜貝塚と並ぶ東日本の代表的な貝塚である。縄文時代を中心とするが、浜辺には古代の製塩土器も分布している。昭和33・34年と41年に発掘調査が行われ、縄文時代前期~晩期、弥生・古墳・古代の遺構・遺物が発見されて、長期間にわたる遺跡であることが判明した。釣針・銛・骨匙・骨刀などの骨角器をはじめ、多くの遺物が出土している。特に、縄文時代後期の「西の浜式土器」は、この時期の標式となっている。埋葬人骨や、それと関連するとみられる集石遺構、イノシシ下顎骨の集積遺構も検出され、また弥生・平安時代の製塩遺構もみられる。

貝塚