ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ宮城県の指定文化財指定文化財〈史跡〉陸奥国分尼寺跡

指定文化財〈史跡〉陸奥国分尼寺跡

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月7日更新

陸奥国分尼寺跡(仙台市若林区)

【概要】

 陸奥国分尼寺は国分寺と同じく、聖武天皇の詔により法華滅罪の寺として建立された。国分寺の東600mに位置する。市街化が著しく、寺域や伽藍配置などは良くわかっていないが、昭和39年に実施された発掘調査で、版築された基壇上に建てられた東西5間、南北4間の金堂が発見された。基壇内には、金箔の入った土師器の菱が鎮壇のため埋納されていた。金堂には国分寺の創建瓦と同種の瓦が使われているので、国分寺とほぼ同時期に創建されたと考えられている。

【関連史跡】

特別史跡:多賀城跡附寺跡(多賀城市)

国指定史跡:陸奥国分寺跡(仙台市)

【基本情報】

アクセスなど基本情報
所在地仙台市若林区木ノ下2丁目ほか
見学史跡見学自由  史跡陸奥国分寺・尼寺ガイダンス施設(無料):9時~17時
アクセス(車)仙台南部道路長町ICから10分 (鉄道)市営地下鉄東西線薬師堂駅から徒歩10分

陸奥国分尼寺跡