ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ宮城県の指定文化財指定文化財|県指定有形文化財|木造不動明王立像

指定文化財|県指定有形文化財|木造不動明王立像

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

木造不動明王立像

県指定有形文化財(彫刻)|仙台市若林区|陸奥国分寺蔵

五大明王の一つで、大日如来が一切の悪魔を降伏させるため、変化して急怒の身を表わしたもの。両眼を見開き、左の下牙で上唇を噛み、右の上牙で下唇を噛む。弁髪を垂れ、額には鐵を刻み、右手に剣、左手に絹索を持って岩座の上に立ち、大火焔の中にいる。不動明王は、息災などを祈る像として多くの信仰を集めた。

(カツラ材 像高113cm 鎌倉時代)

不動明王立像 本文ここまでです