ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ農業農村整備事業の技術情報

農業農村整備事業等の技術情報(積算基準・単価・共通仕様書等)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月6日更新

 農業農村整備事業等の積算基準について

 宮城県発注の農業農村整備事業等の工事・業務価格算出は,農林水産省の積算基準書及び宮城県の積算基準を使用し,算出しています。
 宮城県で作成している積算基準等はホームページで公表しております。 積算基準は,こちらから
 農林水産省の積算基準については、(一社)農業農村整備情報総合センターから販売されておりますので,購入希望される場合は,下記の問い合わせ先に確認願います。

 (一社)農業農村整備情報総合センター
  住所:東京都中央区日本橋富沢町10-16 MY ARK日本橋ビル2階
  電話:03-5695-7170

 

農業農村整備事業等の標準設計について

 標準設計(図集編・解説編)は,この制定前まで,各地区,各設計区域毎に個別に図面を製図していたほ場整備事業の小構造物等について,あらかじめ標準化した図集編を作成し,これを使用することで個々の図面作成が不要となるようにしたもので,標準設計を使用した工種については,平面図にその標準設計コードを記入するのみで,従来と同じ構造物ができることとなります。
 このことにより,建設コンサルタントの皆さんは図面作成の省力化が,施工者の皆さんにおいては施工の簡略化,二次製品使用による工期の短縮が図られる等のメリットがあります。 標準設計は,こちらから

 

農業農村整備事業等の設計単価について

 工事・業務価格算出のため必要な単価について,下記の単価表を制定しています。

 ブルドーザ等の「建設機械損料」については,農林水産省「土地改良工事積算基準(機械経費)」を準用しています。


  ※ 農業集落排水事業に使用する機器等の単価(集排単価)は,平成23年度から作成していません。

 

共通仕様書及び施工管理基準等について

 宮城県が発注する農業農村整備事業等に関する工事(業務)を行う場合、受注者の皆さんは、その工事(業務)の施工方法等について,工事(業務)毎に定められた「特記仕様書」のほか、共通仕様書、施工管理基準などに基づいて工事(業務)を実施して頂くこととなります。
 宮城県では、農林水産省の共通仕様書等を参考に制定しており、農林水産省に基づき改定を実施しています。
 共通仕様書等はホームページからダウンロード願います。

他部局の工事執行等に関する技術情報