ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

プンタレッラの紹介

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

イタリアイメージ写真

友好姉妹県である,イタリア・ローマ県とゆかりのある「プンタレッラ」(地元では「プンタレッレ」が一般的な呼びかたです) の高付加価値化を図り,宮城での定着と宮城からの発信をめざすとともに、プンタレッラをモデルとして,少量・多品目に対応した, 生産から消費までの流れをスムーズにするためのシステムづくりを進めていきます。

平成18年度から始まった宮城のプンタレッラプロジェクトは,生産から消費に至る様々な関係者のみなさんに支えられ4年目の収穫期を迎えることになりました。生産者の方による研究会も立ち上がり,使い手のみなさんからいただいた評価や期待に応えあるものづくりに向け,気持ちを新たにしたところです。

今年も引き続き,ひとりでも多くの皆様にプンタレッラを楽しんでいただけるよう,関係者が一丸となって「宮城のプンタ」を発信していきます!

プンタレッラ

ブログ「プンタくん日記」「プンタレッラ」って何

イタリア・ローマでは冬野菜の代表として親しまれています。収穫期は11月末から3月下旬で、茎の太さにより、さまざまな形に見えます。

プンタレッラ

茎の中は空洞になっており、ローマでは葉っぱを除いた茎の部分を裂いて氷水にさらしてアンチョビドレッシングで サラダにして食べるのが一般的です。

プンタレッラのサラダ

地元ローマの人たちはもちろん、シャキシャキの食感とほろ苦さは、ローマに暮らしたことのある日本の人たちも虜 にしているようです。

ローマの市場のようす