ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

スポーツ施設紹介宮城県へのアクセス宮城県の取組ボランティア情報東日本大震災からの復興状況宮城県観光情報レストラン・ショッピングガイド


ボランティア情報

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年11月16日更新

 近年の大規模なスポーツ大会では,大会運営を支え観客をもてなすボランティアの役割が大きなものとなっており,オリンピック・パラリンピックにおいても,沢山のボランティアが大会成功の一翼を担っています。

 宮城県では,東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて「都市ボランティア」の募集・運営を行います。


東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会ボランティアの概要

 オリンピック・パラリンピック競技大会では,次のような沢山のボランティアが活躍します。

 これらのボランティア活動は,オリンピック・パラリンピック競技大会に直接携わることができる貴重な機会のひとつです。

 「都市ボランティア」は宮城県が,「大会ボランティア」は東京2020大会組織委員会が募集・運営を行います。

 

都市ボランティア

 
活動内容

国内外からの観客や旅行者に対する観光・交通案内など

活動場所

競技会場の最寄駅周辺,空港など

運営主体

宮城県が募集・運営

募集人数

1,360人(延べ人数:3,354人。期間中3日(1日当たり5時間)活動。)以上の活動を条件に募集します。)

実施計画等

ボランティア実施計画(第2次計画) [PDFファイル/1.74MB]

 

大会ボランティア

 
活動内容

競技運営,観客サービス,輸送等の大会運営のサポート

活動場所

競技会場,選手村等の大会関係施設

運営主体

組織委員会
募集人数

80,000人

ホームページ

東京2020大会ボランティア

 

その他の様々なボランティア

 都市ボランティア,大会ボランティアだけでなく,様々な場所で行われている多様なボランティア活動が,大会全体の雰囲気を盛り上げ,地域の魅力を高めていくことに繋がります。

 


東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会宮城県推進会議ボランティア部会

 宮城県では,「都市ボランティア」の円滑で適正な運営のため,ボランティア部会を設置しています。

 


都市ボランティアの募集

  宮城県内で活動する都市ボランティアは,2019年4月に募集を開始する予定です。

  募集に向けて,ボランティア部会で話し合いが進められています。

 


説明会等の開催

 宮城県では,都市ボランティアの募集に先駆けて,オリンピック・パラリンピック競技大会のボランティアに関する説明会等を開催していきます。

これまでの開催実績

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けたボランティア説明会(2018年7月~8月) 

都市ボランティアシンポジウムin仙台(2018年9月5日) 

東京2020大会 ボランティア説明会(2018年9月20日) 

質問回答

説明会における質問一覧 [PDFファイル/498KB]

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)