ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ農業大学校アグリビジネス学部

アグリビジネス学部

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年6月12日更新

最近のアグリビジネス学部のようす

 学部の特徴・目標

 競争力ある宮城県の農業を推進するため,経営戦略を持つアグリビジネス経営体の担い手となる人材を育成します。また,地域資源を活かした魅力ある地域づくりを担える人材を育成します。

    ほ場作業   みそ加工

学習内容

○各学部共通項目の他,経営分析,税務などの経営管理や地域資源活用,ウェブ販売,販売管理,ダイレクトメールの手法など直売に関する科目などをカリキュラムに取り入れています。

○農産物の生産から加工・販売までを体系的に学習します。さらに地域農産物を使用した特産品開発を学びます。

○起業実践者や民間の専門講師陣によるアグリビジネスの実践的な学習をします。

      地域資源2 地域資源

 キャリア形成プログラムの紹介

2年次には,全カリキュラム時間の約半分を使い,「キャリア形成プログラム(卒論)」に取り組みます。
1年次からの実践学習の成果を生かして,将来の営農や起業に役立つテーマ(プロジェクト課題)を設定して調査,研究,開発等を実施し,最後に論文としてまとめます。
過去3年間の主なプロジェクト課題は以下のとおりです。

平成30年度

  • 「摘果桃を利用した甘露煮」
  • 「付加価値を活かしたマーケティング」
  • 「冬季間でもゲンキナを売る」
  • 「農家カフェでの梨蜜の活用方法」
  • 「ずんだジャムの作成」
  • 「ネギを使った調味料」
  • 「未成熟トウモロコシの栽培・加工」
  • 「小ネギのPR」
  • 「米のジェラート作り」
  • 「シソを使った商品」

平成29年度

  • 「植物性残さを利用した副収入の獲得」
  • 「トマトの加工品を使った我が家の所得向上と地域貢献」
  • 「つるむらさきのレシピ開発」
  • 「かぼちゃを使った加工品の開発」
  • 「地域の特産品を活かしたおやきの開発」
  • 「余剰品の酒粕を利用した甘酒と,米麹の甘酒で我が家の所得向上を目指す」
  • 「大崎市5つの地域資源を活用した体験型観光の検討」

平成28年度

  • 「おからの新たな活用法 ~おからの加工品開発・消費拡大~」
  • 「福島と宮城の両方の魅力を伝える商品開発」
  • 「ミョウガタケを使った商品開発」
  • 「石巻のトマトを使用した商品開発 ~美味しく石巻を活性化~」
  • 「ほうれん草を活かした加工品」
  • 「伝えたい宮城のお餅」
  • 「バウムクーヘン製造の余剰品(生地、卵白)を使用した商品開発」
  • 「さつま芋の甘さを活かした商品の開発」
  • 「ズッキーニを使用した商品開発」
  • 「ちぢみほうれん草を使用した加工品の開発」
  • 「規格外のネギを使った商品開発」
  • 「地域活性化に向けた米加工品の開発」