ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすしごと・産業産業支援・企業支援企業立地みやぎニュースクリップみやぎニュースクリップ/スギ製菓株式会社との立地協定式(平成26年5月20日)

みやぎニュースクリップ/スギ製菓株式会社との立地協定式(平成26年5月20日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月21日更新

 宮城県および塩竈市は、スギ製菓株式会社と立地協定を締結しました。

 スギ製菓株式会社は、愛知県碧南市に昭和57年に設立され、えびせんべい、いかせんべい、たこせんべいなどの海鮮せんべいの製造販売を行っている企業です。 

 平成24年に碧南市と塩竈市が結んだ災害時相互応援協定もきっかけとなり、塩竈市に工場及び直売店を建設することになりました。マグロ、カキ、ホタテ、ワカメなどの三陸の海産物を使った新商品も開発・商品化される予定です。平成26年6月に工場建設を開始し、来年8月の操業開始を目指します。従業員は、地元から20人を雇用する計画になっています。

 協定締結に当たって、村井知事は「直営店舗の併設により観光の面においても大きく貢献いただけるものと期待している。みやぎのおいしい食材を使った新商品をぜひ作って、全国に情報発信していただきたい」、佐藤昭塩竈市長は「交流人口の拡大を目指す本市にとって、スギ製菓様のせんべいは大きな役割を果たしてくれる」と期待感を表しました。

 同社の杉浦敏夫代表取締役社長は「我々が企業として進出する目的の一つは、大きな意味での復興支援。雇用の創出や地域に必要とされるような企業活動をしていきたい」と抱負を述べました。

協定書に署名する様子 
協定式の様子

写真撮影の様子
左から、村井知事、杉浦代表取締役社長、杉浦代表取締役会長,佐藤市長

商品
スギ製菓株式会社の製品