ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす観光・文化スポーツ2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会みやぎニュースクリップみやぎニュースクリップ/ベラルーシ共和国新体操指導者による知事表敬(令和元年6月11日)

みやぎニュースクリップ/ベラルーシ共和国新体操指導者による知事表敬(令和元年6月11日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年6月13日更新

 6月11日(火曜日)、ベラルーシ共和国新体操の指導者であるマカロワ・マリアさんとセベツェ・アリーナさんが村井知事を表敬訪問しました。

 仙台大学では、白石市、柴田町の進めるホストタウン事業を推進するため、来年の東京2020大会へ向けたベラルーシ共和国新体操競技の事前合宿会場を提供するとともに、今年度、本事業の一環としてベラルーシ共和国から新体操の指導者を「オリンピック親善大使」として招待しています。オリンピック親善大使のお2人には学生への指導をはじめ、東京2020大会の気運醸成に協力いただいています。

 村井知事は「新体操の技術指導だけでなく、地域交流を通じて、宮城県とベラルーシ共和国の懸け橋となってほしい。」とあいさつしました。

 セベツェさんは「来年の東京2020大会まで日本で大会を盛り上げたい。」と意気込みを語りました。

左からセベツェさん、村井知事、マカロワさん

左からセベツェさん、村井知事、マカロワさん