ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページみやぎニュースクリップみやぎニュースクリップ/アジアパラ競技大会出場者による表敬訪問(平成30年9月25日)

みやぎニュースクリップ/アジアパラ競技大会出場者による表敬訪問(平成30年9月25日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月1日更新

 インドネシアのジャカルタで開催される「インドネシア2018アジアパラ競技大会」に出場する本県在住の選手、監督およびコーチ陣が、9月25日(火曜日)佐野副知事を表敬訪問しました。

 日本代表として本県から選手7人(アーチェリー1人、バドミントン1人、卓球1人、車いすバスケットボール男子2人、同女子2人)、監督・コーチ5人(柔道監督1人、射撃コーチ1人、車いすバスケットボール女子監督1人、同女子コーチ1人、車いすテニスコーチ1人)が出場します。

 卓球競技に出場する木村はるみさんは、「一生懸命頑張りたい」と大会への意気込みを語りました。

 インドネシア2018アジアパラ競技大会は10月6日(土曜日)から13日(土曜日)までの8日間、アジア43カ国・地域から約5千人が参加し、18競技558種目で争われます。日本からは17競技に487人の選手団が派遣される予定です。

アジアパラ競技大会出場者との記念撮影
表敬訪問者との記念撮影