ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページみやぎニュースクリップみやぎニュースクリップ/北朝鮮による拉致被害者家族連絡会の皆さんが佐野副知事を表敬訪問しました(平成30年8月7日)

みやぎニュースクリップ/北朝鮮による拉致被害者家族連絡会の皆さんが佐野副知事を表敬訪問しました(平成30年8月7日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月10日更新

 北朝鮮による拉致被害者ご家族および関係団体の方々6人が8月7日(火曜日)、佐野副知事を表敬訪問しました。

 拉致被害者ご家族や「救う会宮城」では、毎年仙台七夕まつりの期間中、一番町アーケードにて拉致問題の早期解決を願う短冊の掲示や、署名活動を行っています。

 表敬訪問では、佐野副知事が、「被害者の皆様が一日も早くご家族の元に帰られることを切に願っている」と述べました。

 「特定失踪者家族有志の会」の矢島文恵副会長は、「拉致の疑いがある人は全国にたくさんいる。どうか私たちに力を貸してほしい」とあいさつしました。

 また、「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」の増元照明氏は、拉致被害者の帰国に向けて、「今年がほぼ最後のチャンスになると思っている。」と述べ、解決に向けた協力を県民に訴えました。

拉致被害者家族会との記念撮影
北朝鮮による拉致被害者家族会の皆さん方との記念撮影