ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす防災・安全交通安全・防犯交通安全みやぎニュースクリップみやぎニュースクリップ/羽生結弦選手「2連覇おめでとう」パレード(平成30年4月22日)

みやぎニュースクリップ/羽生結弦選手「2連覇おめでとう」パレード(平成30年4月22日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年5月8日更新

 平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックフィギュアスケート男子シングルで、2大会連続金メダルを獲得した羽生結弦選手の偉業をたたえるパレードが、4月22日(日曜日)、仙台市青葉区の東二番丁通(約1.1キロ)で開催されました。

 パレード開催前に行われた出発式では、村井知事から「県民栄誉賞」が贈呈されたほか、記念品として県の伝統工芸品「玉虫塗」の大皿と、4年後も「金」メダルが「正夢」となってほしいとの思いを込め、県産米「金のいぶき」と「だて正夢」4年分が合わせて贈られました。

 また羽生選手は震災復興のために役立ててほしいと、県と仙台市に寄付金を贈呈しました。

 沿道には10万を超える方々が、全国各地や海外からも駆け付け、羽生選手の快挙をたたえました。

 羽生選手は、パレードカーから手を振り、フィギュアスケートの決めポーズを披露したほか、笑顔で「ありがとう」など感謝の言葉を口にし、大観衆の声援に精いっぱい応えていました。

県民栄誉賞の授与
村井知事から県民栄誉賞の贈呈

県産米の贈呈
県産米「金のいぶき」「だて正夢」の贈呈

パレードカーに乗る羽生選手
パレードカーで沿道の声援に笑顔で応える羽生選手