ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページみやぎニュースクリップみやぎニュースクリップ/楽天生命パーク宮城への水素エネルギー発電設備の導入(平成30年3月26日)

みやぎニュースクリップ/楽天生命パーク宮城への水素エネルギー発電設備の導入(平成30年3月26日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月11日更新

 県と楽天野球団は、水素エネルギーを活用した発電設備を楽天生命パーク宮城に導入し、3月26日(月曜日)に完成記念式典を行いました。

 この設備の特長は再生可能エネルギー(太陽光)で作った水素を「水素吸蔵合金」と呼ばれる金属の中にため、停電のときなどに電源として活用できることです。普段は楽天野球団が運営するコミュニティ放送局「Rakuten.FM TOHOKU」内で二酸化炭素を出さないクリーンな電源として利用し、災害時には、このラジオ局から災害情報を発信するほか、避難者が携帯電話等の充電に利用できるよう電源を開放することとしています。

 村井知事は「水素エネルギーの利活用が進むことを期待している。球場に来た多くのお客さんに設備を見てほしい」とあいさつしました。

関係者によるテープカット
テープカットの様子

水素エネルギーを活用した発電設備
今回導入した発電設備