ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページみやぎニュースクリップみやぎニュースクリップ/東北大学大学院医学系研究科との健康づくりに関する連携協定(平成30年3月22日)

みやぎニュースクリップ/東北大学大学院医学系研究科との健康づくりに関する連携協定(平成30年3月22日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月5日更新

 3月22日(木曜日)、宮城県と東北大学大学院医学系研究科は、生活習慣病の予防や健康づくりに協力して取り組み、県民の健康増進と健康寿命を延ばすことを目的とした連携協定を締結しました。
 
 都道府県と国立大学医学部全分野との健康づくりに関する協定は、これまで例がなく、全国初となります。

 
 今回の協定により、産官学で進めている「スマートみやぎ健民会議」を核とした県民運動をさらに推進し、健康な地域社会の発
展を目指します。

 
 村井知事は「東北大学の知見を生かし、健康づくりや生活習慣病予防対策を推進していきたい」とあいさつしました。

 
 東北大学大学院医学系研究科の五十嵐和彦研究科長は「これまでの研究成果を提供することで、社会に貢献していきたい」と抱負を述べました。

村井知事と東北大学五十嵐研究科長との記念撮影
協定締結の記念撮影(左から村井知事、五十嵐研究科長)