ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページみやぎニュースクリップみやぎニュースクリップ/「みやぎ海外絆大使」の委嘱状交付について(平成29年12月18日)

みやぎニュースクリップ/「みやぎ海外絆大使」の委嘱状交付について(平成29年12月18日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月25日更新

 12月18日(月曜日)、独立行政法人国際協力機構(JICA)のJICAボランティアとして中南米やアフリカに派遣される4名を、「みやぎ海外絆大使」に任命し、委嘱状を交付しました。  

 「みやぎ海外絆大使」には本県と派遣国との架け橋として、派遣国で宮城の情報発信を行っていただくとともに、派遣先での生活様式や文化等を県民に紹介する役割をお願いしており、これまでに約500名の方に委嘱しています。

 今回派遣される方々は防災対策や障害児支援等の分野において、これまで培った知識や経験を生かし、海外ボランティア活動に従事される予定です。

 委嘱状の交付に当たり河端副知事は「東日本大震災では、海外から物心両面において心温まる支援を頂いた。体調にはくれぐれも留意し、本県の復興状況を広く発信してきてほしい」と激励しました。

JICAボランティアの海外派遣に係る記念撮影
JICAボランティアの海外派遣に係る記念撮影