ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページみやぎニュースクリップみやぎニュースクリップ/冬の観光キャンペーンが始まりました(平成29年11月30日、12月1日)

みやぎニュースクリップ/冬の観光キャンペーンが始まりました(平成29年11月30日、12月1日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月6日更新

 仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会は、宮城県内の名湯・秘湯の魅力を広くPRするため、冬の観光キャンペーンを全国で展開します。

 冬の観光キャンペーンは初めての取り組み。冬の重要な観光資源である県内各地の名湯を渡り歩いてほしいとの思いと、本キャンペーンに俳優の渡哲也さんらが所属し、震災復興の支援活動にも取り組む石原プロモーションの全面協力を得ていることにちなみ、渡(わたり)軍団ならぬ「湯渡(ゆわたり)軍団」と銘打ち、「~宮城 湯渡り上手な冬の旅~」をテーマとしています。

 11月30日(木曜日)には、東京都内のホテルにおいて記者発表会が開催され、PR動画が披露されました。昭和50年代に渡哲也さんらが出演しヒットした刑事ドラマ「西部警察」のイメージを再現し、県内の名湯を紹介します。記者会見には、俳優の舘ひろしさん、タレントのゆうたろうさんも登場し、「西部警察」の撮影で実際に使った車両をバックに村井知事との対談が行われました。

 村井知事は、PR動画出演時の団長姿で「西部警察に魅了された(50歳以上の)エルダー層をメインターゲットにするほか、話題に敏感な若年層にも宮城の温泉をアピールしたい」と熱い意気込みを語りました。

 キャンペーンの初日である12月1日(金曜日)には、仙台市内のホテルにおいて、協議会メンバーやみやぎおかみ会の皆さんが出席し、オープニングセレモニーが行われました。

 セレモニー終了後には出席者が仙台駅に移動し、新幹線で来県された観光客を出迎え、キャンペーンの始まりを盛り上げました。

冬の観光キャンペーンをPRした村井知事
宮城の温泉の魅力をアピールした(左から)ゆうたろうさん、村井知事、舘ひろしさん(11/30東京都内のホテル)

キャンペーンの成功を祈願する出席者
一丸となってキャンペーンを盛り上げる出席者(12/1仙台市内のホテル)

観光客を出迎える関係者
観光客をお出迎えする関係者(右端が河端副知事)(12/1 JR仙台駅)