ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページみやぎニュースクリップみやぎニュースクリップ/村井知事による「みやぎ漁師カレッジ」研修生への激励(平成29年11月14日)

みやぎニュースクリップ/村井知事による「みやぎ漁師カレッジ」研修生への激励(平成29年11月14日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月24日更新

 高齢化や担い手不足等により、本県の漁業者は年々減少し、水産業の担い手となる後継者の育成、新規就業者の確保が喫緊の課題となっていることから、若手世代の人材育成と定着を図るため、今年度初めて「みやぎ漁師カレッジ長期研修」を開講しています。

 研修は6月から12月までの7カ月で、研修生7人が宮城の水産業の現状や関係する制度などを学習するほか、養殖や定置網などで現場研修を行っています。

 研修も残すところ約1カ月となった11月14日(火曜日)、村井知事が女川魚市場の研修現場を訪れ、明日の宮城の漁業を担う研修生を激励し、漁業を目指したきっかけや今までの研修で役立ったことなどについて意見交換を行いました。

受講生を激励する村井知事
受講生を激励する村井知事

受講生との記念撮影(左から二人目が村井知事、三人目が須田女川町長)
受講生との記念撮影(左から二人目が村井知事、三人目が須田女川町長)