ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすまちづくり・地域振興地域の活性化地域の活性化みやぎニュースクリップみやぎニュースクリップ/ピーチ・アビエーションが仙台空港拠点化に伴う札幌線、台北線の新規開設を発表!(平成29年5月17日)

みやぎニュースクリップ/ピーチ・アビエーションが仙台空港拠点化に伴う札幌線、台北線の新規開設を発表!(平成29年5月17日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月26日更新

 格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーション株式会社は5月17日(水曜日)、県庁で記者会見を行い、9月から仙台空港を拠点とし、新たに札幌線と台北線を開設することを発表しました。

 札幌線は9月24日(日曜日)から1日2往復、台北線は9月25日(月曜日)から週4往復で就航を開始し、同社の路線はこれまでの関西線と合わせ3路線となることで、仙台空港利用者の一層の増加が期待されます。

 同社の井上代表取締役CEOは、「仙台空港を拠点化することで、東北エリア全体を盛り上げ、震災からの復興や地域経済の活性化に結びつけたい。空飛ぶ電車として、気軽な旅を楽しんでほしい」とアピールしました。

 会見に同席した村井知事は、「拠点化の話を伺ったときから、首を長くして待っていた。台北線の開設によりインバウンドの効果が見込める。また、仙台-関西線も搭乗率が高いので、一人でも多くの方にご利用いただけるよう、私自身が先頭に立ち積極的にPRしたい」と新路線の開設に大きな期待を寄せました。

仙台空港拠点化に伴う記者発表の記念撮影

記者発表するピーチ・アビエーション井上CEO