ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすまちづくり・地域振興地域の活性化地域の活性化みやぎニュースクリップみやぎニュースクリップ/宮城県園芸振興大会について(平成29年4月18日)

みやぎニュースクリップ/宮城県園芸振興大会について(平成29年4月18日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月24日更新

 県内の生産者や農業協同組合、県内外の市場関係者などの園芸関係者が一堂に会し、生産意欲の向上や競争力ある大規模園芸産地の実現を目的とした宮城県園芸振興大会が、4月18日(火曜日)に開催されました。

 およそ300人が出席した本大会では、東日本大震災で被害を受けた園芸施設の約97%が復旧した状況や県内における栽培状況の推移、県で策定した園芸特産振興戦略プランの説明などが行われたほか、茨城県における先進事例等が紹介されました。 

 主催者あいさつで村井知事は、「競争力と魅力ある先進的大規模園芸産地を育成し、園芸産出額が大きく増えるよう関係機関と連携していきたい。」と述べました。

 会場には、津波被害を受けた農地で栽培されたトマトやパプリカなどの園芸作物や農産加工品も展示されました。

挨拶する村井知事

会場の様子

展示された園芸作物