ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす観光・文化観光観光情報みやぎニュースクリップみやぎニュースクリップ/「ルノワール展」について(平成29年1月19日)

みやぎニュースクリップ/「ルノワール展」について(平成29年1月19日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年1月26日更新

 フランスの印象派を代表する画家ルノワール。

 宮城県美術館では、国内外の美術館や個人が所蔵している作品54点を集め、現在、ルノワールの特別展を開催しています。

 本特別展は、県民の心の復興に向けた大きな励ましとなる貴重な展覧会の一つであることから、村井知事が美術館を訪問し、視察を兼ねて絵画を鑑賞しました。

 作品を鑑賞した村井知事は、「ルノワールの初期から晩年の作品まで展示されており、心が洗われた。貴重な機会なので、多くの人にぜひ鑑賞いただきたい。」と感想を述べました。

 本展覧会では、ルノワールがその才能と絵画の革命を一気に花開かせたいわゆる第1回印象派出品の代表作「バレリーナ(ワシントン・ナショナル・ギャラリー所蔵)」をはじめ、メトロポリタン美術館所蔵の「雛菊を持つ少女」など、これまで日本ではあまり展示されていなかった作品も数多く展示されています。

 特別展は4月16日(日曜日)まで開催していますので、ぜひご鑑賞ください。

絵画を鑑賞する村井知事

絵画を鑑賞する村井知事