ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす観光・文化観光観光情報みやぎニュースクリップみやぎニュースクリップ/「第2期宮城県教育振興基本計画」の策定に係る答申について(平成29年1月18日)

みやぎニュースクリップ/「第2期宮城県教育振興基本計画」の策定に係る答申について(平成29年1月18日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年1月23日更新

 県と県教育委員会では、平成22年3月に「宮城県教育振興基本計画(計画期間:平成22年度から平成31年度まで)」を策定し、本県教育の振興を図ってきましたが、この間、少子高齢化や人口減少、東日本大震災の発生等により、社会や子どもを取り巻く環境が大きく変化しました。また、地方教育行政法の改正に伴い、教育委員会制度が抜本的に改正されたことなどにより、計画期間の終期を待たず第2期計画の策定に向け、宮城県教育振興審議会に諮問していたところ、1月18日(水曜日)に平川 新(ひらかわ あらた)会長(宮城学院女子大学長)から村井知事と髙橋教育長に対し答申されました。

 平川会長は審議の概要を説明するとともに、答申内容を尊重し、総合的かつ計画的な教育の振興が図られるよう要望しました。

 答申を受け村井知事は、「宮城で育った子どもたちが、将来活躍できるよう教育していきたい。」と述べました。

 今後、県と県教育委員会では、第2期計画(案)を作成し2月定例県議会に議案として提出するとともに、アクションプランを策定する予定です。

答申書を受け取る村井知事と髙橋教育長懇談風景の写真