ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページみやぎニュースクリップみやぎニュースクリップ/「金のいぶき」ブランドロゴの発表について(平成28年12月20日)

みやぎニュースクリップ/「金のいぶき」ブランドロゴの発表について(平成28年12月20日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月21日更新

 12月20日(火曜日)、おいしさと機能性を兼ね備えたプレミアム玄米「金のいぶき」のブランドロゴが発表されました。
 「金のいぶき」は、2002年宮城県古川農業試験場で育成を始め、2015年に品種登録された新しいお米で、 栄養の宝庫である胚芽が通常の約3倍もあり、胚芽が大きく、プチプチとした食感が特徴です。また、もっちりしていて、甘みもあり、家庭の炊飯器で白米と同じように”普通”に炊けるという魅力があります。
 アートディレクターの水口克夫氏がデザインしたブランドロゴの発表にあたり村井知事は、「金のいぶきは玄米専用品種であり、近年の健康志向に応えることができるお米である。産地間競争が激化しているが、生産者や関係機関と協力しぜひ広めていきたい」と普及へ向けた意気込みを語りました。

ブランドロゴの発表に係るフォトセッション金のいぶきの商品