ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページみやぎニュースクリップみやぎニュースクリップ/宮城県ドクターヘリ就航式(平成28年10月28日)

みやぎニュースクリップ/宮城県ドクターヘリ就航式(平成28年10月28日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月2日更新

 10月28日(金曜日)からのドクターヘリの運航開始に先立ち、「宮城県ドクターヘリ就航式」が、仙台医療センタードクターヘリ格納庫において開催されました。

 ドクターヘリとは、救急医療用のヘリコプターのことで、医師と看護師が搭乗し、救急患者に対して早期に治療を開始することにより、救命率の向上や後遺症の軽減などの大きな効果が期待されているものです。

 村井知事からは、「一人でも多くの救命救助が可能となるなど、本県の医療救護活動の更なる充実に向けて、ドクターヘリの役割を十分に発揮する」ことについて、期待が込められました。

 基地病院となる仙台医療センター及び東北大学病院の医師・看護師、ドクターヘリ要請機関である各消防本部や搬送先の医療機関の関係者など、およそ100名の方々が式典に出席し、フライトデモンストレーションが行われました。

 

<宮城県ドクターヘリ>

宮城県ドクターヘリの画像         

<村井知事あいさつ>

村井知事あいさつ

<テープカット>                            

就航式典の様子          

<フライトデモンストレーション>

ヘリのフライトデモンストレーション

 

事業概要はこちら