ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページみやぎニュースクリップみやぎニュースクリップ/三井住友海上火災保険株式会社との包括連携協定(平成28年10月25日)

みやぎニュースクリップ/三井住友海上火災保険株式会社との包括連携協定(平成28年10月25日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月28日更新

 宮城県と三井住友海上火災保険株式会社は、10月25日(火曜日)に、活力ある個性豊かな地域社会の形成と発展及び県民サービスの向上を図ることを目的に、包括連携協定を締結しました。

 連携項目としては、アウトバウンド・インバウンド事業支援に関すること、企業向け支援に関することなど,全6項目です。

 宮城県と損害保険会社との包括連携協定の締結は、今回が初めてです。

 三井住友海上火災保険株式会社の原社長は、「包括連携協定の締結によって、宮城県内の企業や県民の皆様への支援を行い、東北復興に一層貢献できるものと考えている」と述べられ、村井知事は、「三井住友海上火災保険株式会社様には、東日本大震災の発生以降、継続的に職員を派遣いただくなど、これまでに物心両面でご協力いただいており、改めて感謝申し上げる。この協定が、「富県宮城の実現」に向けた大きな一歩となることを期待している」と話しました。

包括協定締結の記念撮影

【参考】震災復興・企画総務課HP(企業等との包括連携協定について)