ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページみやぎニュースクリップみやぎニュースクリップ/第54回技能五輪全国大会及び第36回全国障害者技能競技大会 宮城県選手団結団式を開催(平成28年10月17日)

みやぎニュースクリップ/第54回技能五輪全国大会及び第36回全国障害者技能競技大会 宮城県選手団結団式を開催(平成28年10月17日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月25日更新

 「第54回技能五輪全国大会」及び「第36回全国障害者技能競技大会(アビリンピック)」に宮城県代表として出場する選手団の結団式が、10月17日(月曜日)に県庁で行われました。

 結団式では、若生副知事から千葉正勝団長(宮城県職業能力開発協会会長)に県旗が託されるとともに、中山耕一宮城県議会議長らから選手に対して激励の言葉がありました。それに対し、技能五輪を代表して森田遥選手(レストランサービス職種)と、アビリンピックを代表して菅原愛寿花選手(パソコンデータ入力種目)から、大会に臨むにあたっての決意表明がありました。

 第54回技能五輪全国大会は、10月21日(金曜日)から24日(月曜日)まで山形市など山形県内14会場で開催され、県代表として11職種に16名が参加します。また、第36回全国障害者技能競技大会は、10月28日(金曜日)から30日(日曜日)まで山形市及び天童市で開催され、県代表として7種目に7人が参加します。

若生正博副知事による壮行のことば
若生副知事から選手に壮行のことばがありました

中山耕一県議会議長による激励のことば
中山耕一宮城県議会議長から選手に対し激励のことばがありました

技能五輪全国大会参加選手
技能五輪全国大会参加選手

全国障害者技能競技大会参加選手
全国障害者技能競技大会参加選手