ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす震災・復興震災・復興震災・復興みやぎニュースクリップみやぎニュースクリップ/被災4県の米で製造した日本酒の販売について(平成29年8月22日~23日)

みやぎニュースクリップ/被災4県の米で製造した日本酒の販売について(平成29年8月22日~23日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月30日更新

 8月22日(火曜日)、23日(水曜日)の2日間、東京国際フォーラムで、城南信用金庫の主催により「東北・熊本などの被災地の復興応援」、「地方創生」をメインテーマとした商談会「2017“よい仕事おこし”フェア」が開催されました。

 本フェアには宮城県から多数の企業が出展したほか、全国の観光・物産品の展示・販売も行われました。

 オープニングセレモニーでは、今回の目玉企画である岩手、宮城、福島、熊本の被災4県の米をブレンドして製造された日本酒「興(おこ)し酒プロジェクト」の紹介があり、「絆結(きゆ)」と命名された日本酒がお披露目されました。また、その売り上げの一部が後日被災4県に寄付されることから、目録の贈呈や来場者から復興に向けた応援メッセージが寄せられました。

目録贈呈式の様子