ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす震災・復興震災・復興震災・復興みやぎニュースクリップみやぎニュースクリップ/「みやぎの青少年政策モニター意見交換会」(平成29年8月24日)

みやぎニュースクリップ/「みやぎの青少年政策モニター意見交換会」(平成29年8月24日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月14日更新

 8月24日(木曜日)、「みやぎの青少年政策モニター」10人と担当職員の意見交換が行われ、河端副知事と懇談しました。

 みやぎの青少年政策モニターは青少年の社会参加意識を高め、地域で主体的に活躍できる人材を育成するとともに、青少年の視点や意見を県政に反映させることを目的に、県内の中学生から大学生、社会人に委嘱しています。

 意見交換会では、「東日本大震災の記憶・教訓の伝承」、「サイバー空間(インターネットの世界)における脅威への対応」、「男女共同参画の推進」のテーマについて、それぞれの立場から活発な議論が交わされました。

 懇談では「震災の記憶を伝承には、まず現地に行き、被災地の方と交流することが大切だ」(中学生)、「サイバー攻撃への対応は、中小企業向けの施策が重要である」(大学院生)、「男女共同参画を推進するには、社会全体でお互いを理解し行動することが必要だ」(高校生)と意見があり、河端副知事は「皆さんの意見を参考に、行政として対応していきたい」と述べました。

河端副知事との懇談風景
河端副知事との懇談風景

意見交換会の様子
意見交換会の様子