ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページみやぎニュースクリップみやぎニュースクリップ/リオ2016パラリンピック競技大会の出場に伴う知事表敬訪問について(平成28年8月18日)

みやぎニュースクリップ/リオ2016パラリンピック競技大会の出場に伴う知事表敬訪問について(平成28年8月18日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月19日更新

 リオデジャネイロオリンピックに続き、9月7日に開幕するパラリンピック競技大会に出場する本県在住の選手・監督及びその関係者が、パラリンピック出場を報告するため村井知事を表敬訪問しました。

 本県からは、車椅子バスケットボールに藤本 怜央(ふじもと れお)、豊島 英(とよしま あきら)、藤井 新悟(ふじい しんご)の3選手が、ウィルチェアーラグビーに庄子 健(しょうじ たけし)選手が、柔道男子監督として遠藤 義安(えんどう よしやす)さんの計5名の方が参加します。

 選手を代表して庄子選手は、「諦めず、ひたむきに勝ちにこだわる姿を見せ、明日に踏み出す勇気を与えられるよう、良い結果を求めてがむしゃらに頑張りたい。」と意気込みを語りました。

 村井知事は、「パラリンピックでの活躍は、多くの障害のある方々に勇気を与えるだけでなく、被災地の励みになる。体調管理に留意し、パラリンピックを楽しんで頂きたい。」と激励しました。

 リオ2016パラリンピック競技大会は、9月7日から9月18日までの12日間、22競技・528種目で実施されます。

表敬訪問者の記念撮影の写真