ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページみやぎニュースクリップみやぎニュースクリップ/仙台空港民営化開始式典及び記念レセプションについて(平成28年7月1日)

みやぎニュースクリップ/仙台空港民営化開始式典及び記念レセプションについて(平成28年7月1日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年7月7日更新

 7月1日、仙台空港が国管理空港として全国で初めて民営化され、東急・前田・豊通グループにより設立された仙台国際空港(株)による運営がスタートしました。

 空港民営化とは、滑走路の管理は国、空港ビルの管理は第三セクターなど、これまで別々だった運営主体を一本化し、一体的かつ効率的な運営を行うとともに、民間の力を最大限活用することにより、空港や空港周辺地域の活性化を図ることを目的としています。

 この全国初となる民営化を記念し仙台空港で式典が行われたほか、仙台国際ホテルにおいてレセプションが開催されました。

 石井国土交通大臣をはじめ関係者が出席した運営記念式典では、同社の岩井社長が「東北のゲートウェイとなるよう今後も東北の皆さまと一緒に汗をかく。民間ノウハウを生かして地域活性化につなげたい。」と挨拶しました。石井大臣は、「仙台空港を拠点として、経済効果が広く東北全域に波及し、東北地方の活性化や東日本大震災からの復興の加速にもつながることを期待する。」と話しました。

 村井知事からは、「仙台空港が宮城県をはじめ東北の皆さまにより身近な空港となるよう、仙台国際空港(株)や東北の自治体・経済界等と連携していく。今年が『空港民営化元年』、『東北復興元年』となり、交流人口の増加に向け『take off(離陸)の年』になることを期待する。」と祝辞を述べました。

 また、歓迎レセプションでは、東北の政財界約400名の方が参加し、民営化の祝賀ムードに包まれました。

 今後、空港民営化によって、民間ノウハウを生かした、一体的な空港運営が実現され、LCC等の就航による航空路線の拡充や、空港利用者の増加といった好循環が生まれることで、宮城のみならず、東北全体の交流人口の増加が期待されています。

式典の記念撮影の写真

村井知事の挨拶レセプションの会場風景