ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページみやぎニュースクリップみやぎニュースクリップ/バドミントン女子ダブルス 高橋・松友選手の知事表敬訪問について(平成28年6月20日)

みやぎニュースクリップ/バドミントン女子ダブルス 高橋・松友選手の知事表敬訪問について(平成28年6月20日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月24日更新

 バドミントン女子ダブルスの世界ランキング1位で、リオデジャネイロオリンピックに出場する高橋礼華(あやか)・松友美佐紀選手とその関係者が、村井知事を表敬訪問し五輪出場を報告しました。

 高橋選手と松友選手は聖ウルスラ学院英智高等学校の出身で、高校時代からペアを組んで技術を磨き、リオデジャネイロオリンピックではメダルの獲得が期待されています。

 オリンピック出場にあたり、高橋選手は「宮城は第二の故郷。東日本大震災で被災した方のためにも、オリンピックではメダルを獲得できるよう頑張りたい。」、松友選手は、「宮城での学生生活がなければ、今の自分たちはなかった。応援いただいている地元の方のためにも、オリンピックで頑張りたい。」とそれぞれ抱負を述べました。

 村井知事からは、「ブラジルと日本は季節が反対で時差もある。体調管理に気をつけ、金メダル目指して頑張って欲しい。」とエールを送りました。

高橋・松友選手と村井知事との記念撮影表敬訪問者による記念撮影