ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページみやぎニュースクリップみやぎニュースクリップ/県内10金融機関との高齢者地域見守りに関する協定締結式(平成28年6月13日)

みやぎニュースクリップ/県内10金融機関との高齢者地域見守りに関する協定締結式(平成28年6月13日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月22日更新

 県では県内に本店がある10金融機関(※)との間において、「高齢者地域見守りに関する協定」を締結し、高齢者の孤立防止や見守り活動に連携して取り組むこととなりました。

 県内にある地元金融機関の代表者が一堂に会して執り行われた締結式は、全国的にも先例のない取り組みであり、各金融機関が有する支店や営業所はおよそ300ヵ所にのぼります。

 県庁で行われた協定締結式で村井知事は「県内の高齢化率は年々増加傾向にある。県内全域にわたる金融機関のネットワークのもと、高齢者の孤立防止や見守り活動に取り組んでいただけるのは大変心強い。」と感謝の意を示しました。

七 十七銀行の氏家頭取は10金融機関を代表して「日ごろは金融サービスを通して地域貢献しているが、高齢者の方が安心して生活できるよう社会的役割を果たしていきたい。」と述べました。

協定締結式の写真

※10金融機関

(株)七十七銀行、(株)仙台銀行

 杜の都信用金庫、宮城第一信用金庫、石巻信用金庫、仙南信用金庫、気仙沼信用金庫

 石巻商工信用組合、古川信用組合、仙北信用組合