ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページみやぎニュースクリップみやぎニュースクリップ/宮城県地域包括ケア推進協議会(平成28年6月9日)

みやぎニュースクリップ/宮城県地域包括ケア推進協議会(平成28年6月9日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月15日更新

 県では、県内の医療・介護・福祉・NPO・市町村など関係団体が連携協力して、県内すべての地域において地域包括ケア体制の構築を目指すため、昨年7月に立ち上げた「宮城県地域包括ケア推進協議会」の総会を開催しました。

 総会では今年度の運営方針が承認されたほか、県内の先進地の一つである気仙沼管内の取組事例の発表、地域包括ケア体制の構築に向けたアクションプランに基づく各プロジェクト事業や各専門委員会の開催状況などについて、それぞれ報告されました。

 総会終了後に行われた取材で、村井知事は「医療・福祉・介護など関係団体が有機的に連携し、成功事例を増やすことが重要だ。今後、介護人材の人手不足が予想されることから、在宅で生活しながらケアしていく体制の構築が求められる。」と述べました。

村井知事挨拶の写真