ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページみやぎニュースクリップみやぎニュースクリップ/みやぎ生活協同組合との包括連携協定(平成28年6月1日)

みやぎニュースクリップ/みやぎ生活協同組合との包括連携協定(平成28年6月1日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月7日更新

宮城県とみやぎ生活協同組合は、東日本大震災からの復興支援や環境保全活動、高齢者支援などに協力して取り組み、県民が「安心して暮らせる地域づくり」を推進することを目的とした包括連携協定を締結しました。

みやぎ生協の宮本理事長からは、「震災から5年たつが復興はこれから。包括連携協定を機にこれまで以上に県との協力関係を深め、宮城がますます住みやすい地域になるよう尽力していきたい」との話があり、村井知事は「県内世帯の7割がみやぎ生協に加入しており、県産品の利用拡大などに生協のネットワークをお借りしたい」と話しました。

協定締結式の記念撮影です