ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページみやぎニュースクリップみやぎニュースクリップ/「東北・みやぎ復興マラソン2017」の記者発表について(平成28年10月6日)

みやぎニュースクリップ/「東北・みやぎ復興マラソン2017」の記者発表について(平成28年10月6日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月17日更新

 東日本大震災で大きな被害を受けた被災地の現状を多くの方々に知っていただき、復興に向けて歩んでいくきっかけづくりにしたいとの趣旨のもと、株式会社仙台放送の主催で開催される「東北・みやぎ復興マラソン2017」についての記者発表がありました。

 本大会は、宮城県内では初めてとなる公認のフルマラソンコースを目指すこと、コースは震災で大きな被害を受けた名取市・岩沼市・亘理町の沿岸部を想定し、被災地の食を楽しめるイベントも同時開催すること、「サザエさん一家」がスペシャルアンバサダーとして、本マラソンを応援することなどがポイントとして紹介されました。

 共同記者会見には、主催者である仙台放送をはじめ、共催者である宮城県の村井知事や宮城県教育委員会教育長、開催地の首長なども出席したほか、大会スペシャルアンバサダーであるサザエさんも参加し記者会見を盛り上げました。

 県内では初めての公認コースでのフルマラソンとなることから今後関係機関と調整を図りつつ、来年10月1日(日曜日)の開催に向けた協議が進められる予定です。

 出場選手の募集は来年の1月以降を予定しており、詳細は決まり次第公式ホームページで発表されます。

大会公式ホームページ

関係者による記者発表の写真