ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページみやぎニュースクリップみやぎニュースクリップ/スマート水素ステーション開所式並びに燃料電池自動車納車式 合同式典(平成28年3月29日)

みやぎニュースクリップ/スマート水素ステーション開所式並びに燃料電池自動車納車式 合同式典(平成28年3月29日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月31日更新

 県では、「創造的な復興」に向けた重点施策の一つとして、水素エネルギーの利活用推進を掲げています。このたび、東北初となるスマート水素ステーション(SHS)の整備が完了し、燃料電池自動車(FCV)3台が県に導入されたことから、仙台市内で開所式並びに納車式の合同式典を開催しました。

 式典には、知事をはじめ関係企業の代表者や県議会議長等が参列し、SHS並びにFCVの引渡しと知事による水素充填デモンストレーションが行われ、「東北における水素社会先駆けの地」に向けた大きな第一歩を踏み出しました。

 式典の挨拶で知事は、「FCVの県民への貸出しなどを通じて、水素エネルギーの利活用機運を高め、水素社会の実現に向けた取組を加速させたい」と強い意欲を示しました。

式典の様子の写真です

充填の様子の写真です

FCVお披露目1の写真です