ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすしごと・産業産業支援・企業支援企業立地みやぎニュースクリップみやぎニュースクリップ/フロンテックPRO株式会社との新工場建設に関する協定式(平成27年6月1日)

みやぎニュースクリップ/フロンテックPRO株式会社との新工場建設に関する協定式(平成27年6月1日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年6月8日更新

 宮城県および丸森町は、フロンテックPRO株式会社と「新工場建設に関する協定」を締結しました。

 フロンテックPRO株式会社は、福岡県宗像市に本社を置く、スチール製を主とした特注建具メーカーです。

 このたび、丸森町舘矢間に新設される新工場では、生産効率に優れた最新の製造ラインを導入し、スチール製の防火ドアを製造する予定です。

 平成27年8月に工場建設を開始し、平成27年度中の操業開始を目指します。従業員は、主に宮城県内から雇用する予定で、5年後には50人、その後100人規模に拡大する予定です。

 協定締結に当たって、村井知事は「地元雇用の創出や地域経済の活性化はもとより、本県及び丸森町の復興、そして発展に向け、力強く後押ししていただけるものと大きな期待を寄せている。」、保科丸森町長は「地域雇用の創出のみならず、本町が進める若者定住施策に大変良い影響をいただける。」と期待感を表しました。

 フロンテックPRO株式会社の武田宜臣代表取締役社長は「工場建設を契機に、大手企業に負けない品質と、中小企業としての迅速な対応を目指したい。地域に根ざし、地域から雇い入れた社員が会社と一緒に成長していくよう努めたい。」と抱負を述べました。

協定締結式の様子

協定式の様子

写真撮影

左から、村井知事、武田代表取締役社長、保科町長