ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすしごと・産業産業支援・企業支援企業立地みやぎニュースクリップみやぎニュースクリップ/ソーラーフロンティア東北工場の竣工式(平成27年5月19日)

みやぎニュースクリップ/ソーラーフロンティア東北工場の竣工式(平成27年5月19日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年5月22日更新

 大衡村の第二仙台北部中核工業団地にソーラーフロンティア株式会社の東北工場が完成し、竣工式に村井知事と萩原大衡村村長が出席しました。

 ソーラーフロンティア株式会社は、経済性に優れ、環境に優しい「CIS薄膜太陽電池(銅、インジウム、セレンを使用した化合物系の太陽電池)」の研究開発・生産・販売を行っています。国内4番目の工場として平成25年12月に立地決定、翌年1月に県及び大衡村と立地協定を締結し、工場建設を進めてきました。

 竣工式に先立ち、ソーラーフロンティアの平野敦彦社長、村井知事、萩原村長の3者による共同記者会見が行われました。平野社長からは「クリーンエネルギーを活用した被災地の復興に、東北工場で生産される太陽光パネルを通じてお役に立ちたい。東北工場で確立された技術を、今後の海外展開で活かしていきたい。」と抱負を述べ、村井知事は「県としても新エネルギー導入に対する補助制度等を通じて支援していきたい。」と述べました。

 ソーラーフロンティア東北工場は、現在、商業生産に向けた立ち上げを行っており、量産体制を整えて、東北や北関東を中心に太陽光パネルを供給することになっています。

共同記者会見の様子
東北工場で生産される太陽光パネルを囲む(左から)平野社長,村井知事,萩原村長

テープカットの様子

竣工を記念してテープカットが行われました(右から5番目が村井知事)