ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページみやぎニュースクリップみやぎニュースクリップ/災害時の石油製品の備蓄に関する協定書等の交換式(平成27年1月28日)

みやぎニュースクリップ/災害時の石油製品の備蓄に関する協定書等の交換式(平成27年1月28日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年2月2日更新

 「災害時の石油製品の備蓄に関する協定」及び「災害時における支援に関する協定」が締結され、協定書の交換式が行われました。式には、宮城県石油商業組合・宮城県石油商業協同組合の佐藤理事長をはじめ5人の役員と村井知事などが出席しました。

 これら二つの協定の締結により、県内に整備されている災害対応型中核給油所などに石油製品が備蓄されるほか、情報連絡員の派遣など災害時の支援内容が拡充されます。

 東日本大震災における燃料不足の教訓を踏まえた取り組みの一つです。今後も民間企業などと連携して、宮城県の防災力を高める取り組みを進めていきます。

関連ページ

災害時の石油製品の備蓄に関する協定書等の交換式を行いました。(宮城県防災・危機管理ブログ)

交換式での記念撮影の写真
記念撮影