ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページみやぎニュースクリップみやぎニュースクリップ/宮城県美術館「レオナルド・ダ・ヴィンチと≪アンギアーリの戦い≫」展の開催 知事記者発表(平成27年12月24日)

みやぎニュースクリップ/宮城県美術館「レオナルド・ダ・ヴィンチと≪アンギアーリの戦い≫」展の開催 知事記者発表(平成27年12月24日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年12月25日更新

12月24日(木曜日)、県は来春(平成28年)の宮城県美術館特別展として「レオナルド・ダ・ヴィンチと≪アンギアーリの戦い≫」展を開催することを発表しました。

この展覧会では、レオナルド・ダ・ヴィンチの未完の大壁画≪アンギアーリの戦い≫の謎に迫るとともに、本邦初公開となる≪タヴォラ・ドーリア≫や、これらの作品が同時代や後世の画家たちに与えた影響などについても紹介されています。

県庁で行われた記者発表では、村井知事を始め東京富士美術館五木田聡(ごきたあきら)館長、河北新報社一力雅彦(いちりきまさひこ)代表取締役社長、宮城テレビ放送伊藤和明(いとうかずあき)代表取締役社長等関係者が出席し、イタリア文化財・文化活動・観光省並びに東京富士美術館、関係機関の支援、協力により開催が実現したことや、特別展の見どころについて説明がありました。

村井知事は、「復興は順調に進んでいるが、心の復興はまだまだ必要。被災した方々にこの特別展を見ていただいて、心を和らげてほしい」「県外からの来客にも期待をしている。特別展を楽しむとともに、復興も肌で感じていただければと思う」と特別展への期待を述べました。

この特別展の前売り券を平成27年12月1日から平成28年3月18日まで発売しています。詳しくは別添資料 [PDFファイル/177KB]及び、宮城県美術館のHPをご覧ください。

『宮城県美術館』HP

http://www.pref.miyagi.jp/site/mmoa/exhibition-00000000-s00.html

記念撮影

記者発表の様子


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)