ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 観光・文化 > 文化 > 文化施設 > 宮城県美術館 > 人を描く・つくる-人間へのまなざし

人を描く・つくる-人間へのまなざし

展覧会概要
会場本館展示室2
会期2010年6月29日日(火)- 9月26日(日)
休館月曜日(ただし祝日の場合は開館、翌日が振替休館)
料金常設展チケットでご覧になれます。
一般300円(240円)、大学生150円(120円)、小中高生無料。
ただし、( )は20名以上の団体料金。なお、特別展の観覧券をお持ちの方は、小企画展・常設展もご覧になれます。

これまで多様に生み出されてきた人体、人、人間の表現。作品の制作過程では、まなざしが形を見いだしたり消したりしています。そのまなざしは、いやおうもなく経験や社会性をおびるために、バックグランドになる世界が変化すれば、まなざしのつくりだす人間像も変わるのかもしれません。
今回の小企画展では、当館所蔵の作品から、人間を主題とした20世紀の様々な造形表現について、その一端を紹介いたします。
エゴン・シーレ、斎藤隆、鈴木実、鏑木昌弥ほかの作品。

関連事業

小企画展展示解説

概要
講師当館学芸員
日時7月25日(日)
8月22日(日)
9月26日(日)
会場本館展示室2入口集合
お申込みお申し込みは不要ですが、常設展の観覧券が必要です(高校生以下は無料)。

エゴン・シーレ 男性裸像(自画像)I

エゴン・シーレ
《男性裸像(自画像) I》 1912年

鈴木実 《私自身の肖像87-1》

鈴木実
《私自身の肖像87-1》 1987年

斎藤隆 《西へ》

斎藤隆
《西へ》 1991年