ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ上工下水一体官民連携運営(みやぎ型管理運営方式)

みやぎ型管理運営方式構築に向けて

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月2日更新

上工下水一体官民連携運営(みやぎ型管理運営方式)について

 宮城県企業局では,給水収益が減少する一方で送水管等の更新需要が増大するなど,厳しさを増す経営環境においても持続可能な水道経営を確立するため,平成31年度に企業局への移管が検討されている流域下水道事業を加え,民の力を最大限活用した「上工下水一体官民連携運営」(みやぎ型管理運営方式)の構築に向けた検討を進めています。