ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすくらし・環境環境・エコ・エネルギー環境政策水素エネルギーの利活用推進スマート水素ステーション開所式並びに燃料電池自動車納車式 合同式典
みやぎ水素エネルギー利活用推進ビジョン
エネファーム等普及促進プロジェクト
関連リンク

スマート水素ステーション開所式並びに燃料電池自動車納車式 合同式典

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月6日更新

スマート水素ステーション開所式並びに燃料電池自動車納車式 合同式典を行いました

 県では、「創造的復興」に向けた重点施策の一つとして、水素エネルギーの利活用推進を掲げています。このたび、東北初となるスマート水素ステーション(SHS)の整備が完了するとともに、燃料電池自動車(FCV)3台が県に導入されたことから、仙台市内で開所式並びに納車式の合同式典を開催しました。

開催日時 平成28年3月29日(火曜日) 午後1時30分から午後2時30分まで

開催場所 宮城県保健環境センター(仙台市宮城野区幸町4-7-2)

次第

  1. 開式
  2. 挨拶
    宮城県知事 村井 嘉浩
    本田技研工業株式会社執行役員 三部 敏宏様
    岩谷産業株式会社専務取締役 廣田 博清様
    トヨタ自動車株式会社国内販売店部地域渉外部長 成瀬 明様
  3. 祝辞
    環境省水・大気環境局自動車環境対策課長 小野 洋様
    宮城県議会議長 安部 孝様
  4. ベールオフ
  5. テープカット
  6. スマート水素ステーション引き渡し
  7. 燃料電池自動車引き渡し
  8. 水素充填デモンストレーション
  9. 閉式

 式典には、関係企業の代表者や県議会議長等が参列し、SHS並びにFCVの引渡しと知事による水素充填デモンストレーションが行われ、「東北における水素社会先駆けの地」に向けた大きな第一歩を踏み出しました。

 式典の挨拶で知事は、「FCVの貸出しなどを通じて、水素エネルギーの利活用機運を高め、水素社会の実現に向けた取組を加速させたい」と強い意欲を示しました。

 今回導入したSHSは、本田技研工業株式会社と岩谷産業株式会社が共同開発した製品で、太陽光などの再生可能エネルギーで生み出した電気を使って水素を作り、それをFCVに供給することができます。なお、このSHSは環境省の補助を受け導入しました。

 また、FCVは、本田技研工業株式会社製の「クラリティ・フューエル・セル」を1台、トヨタ自動車株式会社製の「ミライ」を2台導入しました。

 今後、これらのFCVは、県民の方々向けの試乗会や、県内市町村及び東北各県のイベントなどでの展示等を行い、より多くの皆様に水素エネルギーを身近に感じていただけるよう活用していきます。

知事挨拶の写真

知事の挨拶

テープカットの写真です

テープカット

SHS引き渡しの写真です

SHSの引き渡し

FCVの引き渡し1の写真です

FCVの引き渡し(1)

FCV引き渡し(2)の写真です

FCVの引き渡し(2)

FCV引き渡し(3)の写真です

FCVの引き渡し(3)

水素充填デモンストレーションの写真です

水素充填デモンストレーション


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)