ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

イクボスシンポジウムin仙南を開催しました


印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月20日更新

目的

育児・介護のダブルケアなど生活が多様化する社員が,いきいきと働くことができる職場環境を実現するため,新しい時代の理想の上司「イクボス」の必要性を認識し,積極的に管理職の意識改革を行うことが求められています。今回は,仙南圏域を中心とする様々な分野の経営者や管理職,人事労務担当者の皆様に対して,男女の働き方に関する現状と課題,男女が共に活躍できる社会について考え,理解を深めてもらうためのシンポジウムを開催しました。

開催概要

主催

宮城県,柴田町,みやぎの女性活躍促進連携会議,みやぎイクボス同盟

共催

白石市,角田市,蔵王町,七ヶ宿町,大河原町,村田町,川崎町,丸森町

日時

平成30年7月31日火曜日 午後2時から午後4時まで

場所

槻木生涯学習センター ホール

(柴田郡柴田町槻木下町3-1-60)

内容

講演
「イクボスシンポジウムin仙南
 ~ 日本で一番,働きたくなる街みやぎへ ~」

川島 高之 氏(NPO法人ファザーリング・ジャパン東北 顧問)

広報チラシ

広報チラシはこちら [PDFファイル/1.2MB]

結果

講演では,働きやすい職場環境を作っていくためには,上司が「早く帰れ,休め」と号令をかけるだけではなく,トップの強いメッセージの下,覚悟を持って行動する必要がある旨のお話がありました。講師の経験を交えた具体的にイメージしやすい内容であり,今後仕事をする上で参考となる大変有意義なシンポジウムとなりました。

参加者からは,

  • ある程度理解している・実行していると思っていたが,足りないことが多かった。大変参考になった。今後の仕事職場に取り入れていきたい。
  • 部下のやる気スイッチなど自分からもっと積極的に接することが大事だと学んだ。
  • 「自分の昭和意識を改革しなければ」と強く感じた。

などの感想が寄せられました。

イクボスシンポジウムin仙南 講師写真 イクボスシンポジウムin仙南 会場写真

68名の方が参加されました。御参加いただきありがとうございました。