ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

[栗原観光情報]歴史・文化

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

仙台藩花山村寒湯番所跡孤雲屋敷旧有壁宿本陣金成ハリストス正教会金成歴史民俗資料館
炭焼藤太の墓金成橘治神社姉歯の松小迫の延年 櫻田山神社判官森 旧奥州街道力石
瀬峰一里塚瀬峰八幡神社薬師堂(瑠璃殿)・姥杉 政岡の墓壇の松 糠塚遺跡 志波姫神社

仙台藩花山村寒湯番所跡

寒湯番所は、慶長年代から200年余年間、人や荷物の検問を行っていた花山越えの関所で、昭和38年9月に史跡として国指定文化財に指定されました。
 正しい名称は、「仙台藩仙北御境目寒湯御番所」といいます。
 表門は街道をまたぐ茅葺切妻造四脚門で、その正面に関所守が常駐し関所手形を検する検断所の跡があります。その奥には関所守の居宅である二階建の大規模な役宅が現存しています。

  • 開館期間 4月~11月
  • 開館時間 午前9時分~午後4時30分
  • 役宅入館料 一般200円、高校生以下100円(20人以上の団体の場合、1割引)
  • 所在地 宮城県栗原市花山本沢温湯 Map 1
  • 電話番号 0228-56-2331(栗原市花山教育センター) 

仙台藩花山村寒湯御番所跡役宅

交通アクセス

  • 東北自動車道
    築館ICから自動車で約55分

 

孤雲屋敷

孤雲屋敷幕末の剣豪「北辰一刀流」千葉周作ゆかりの家。花山草木沢小田にあった佐藤家住宅を移築したもので、佐藤家七代目当主の重太郎は、この地で生まれ育った幕末の剣豪、千葉周作の天分を認めた人といわれています。また、建築的には18世紀末以前のものと推定され、当時の上層民家の特徴を伝えていることからも非常に貴重なものといえます。

  • 開館期間 4月~11月
  • 開館時間 午前9時~午後4時
  • 休館日 毎週月曜日~水曜日(祝日を除く)
  • 入館料 一般200円、高校生以下100円(20人以上の団体の場合、1割引)
  • 所在地 宮城県栗原市花山字草木沢箕ノ口 Map 2
  • 電話番号 0228-56-2656

交通アクセス

  • 東北自動車道
    築館ICから自動車で約30分

 

旧有壁宿本陣

旧有壁宿本陣 本陣は、 江戸時代以降の宿場で勅使や幕府役人、大名などの宿泊所として指定された家のことを指します。
 有壁宿は、奥州街道の金成宿と一ノ関宿の中間に位置し、佐藤家が代々この宿の本陣と町の検断を勤めていました。旧有壁宿本陣は江戸末期の建築で、道路に面して2建の長屋があり、そのわきに御成門が建っています。母屋は居宅と、本陣として大名等が宿泊した諸室を含む大きな平屋です。
 この旧有壁宿本陣は、主要街道の重要な遺構として、昭和46年に国の史跡に指定されました。

  • 開館期間 4月~11月
  • 開館時間 午前9時~午後5時
  • 休館日 月曜日~土曜日
  • 入館料 一般300円、高校生・中学生200円、小学生100円
  • 所在地 宮城県栗原市金成有壁本町31 Map 3
  • 電話番号 0228-42-1115(佐藤鐵太郎氏)

交通アクセス

  • 東北自動車道
    若柳金成ICから自動車で約15分

 

金成ハリストス正教会

金成ハリストス正教会 金成ハリストス正教会は、19世紀にロシア正教会の宣教師ニコライによって函館に伝わり国内に広まったキリスト教の教会です。
 現存する聖堂は、昭和9年(1934年)に建立されたものです。建築様式が当時の国内ハリストス正教会聖堂の典型例であり、また、創建当初の姿が極めて良好に保たれていることから、栗原市の指定有形文化財第1号に指定されています。

  • 所在地 宮城県栗原市金成上町西裏60-1 Map 4
  • 電話番号 0228-42-1004(川股薬局)

交通アクセス

  • 東北自動車道
    若柳金成ICから自動車で約5分

 

金成歴史民族資料館

金成歴史民俗資料館 1887年(明治20)につくられた旧金成小学校(県指定文化財)の校舎を今に残し、金成の歴史と文化財資料などを展示している。正面にバルコニーをもつ和洋折衷の美しい外観を保っている。

  • 開館期間 4月~11月
  • 開館時間 午前9時~午後4時
  • 休館日 月曜日~水曜日(祝日を除く)
  • 入館料 高校生以上200円、中学生以下100円
  • 所在地 宮城県栗原市金成中町7 Map 5
  • 電話番号 0228-42-2155

交通アクセス

  • 東北自動車道
    若柳金成ICから自動車で約5分

 

炭焼藤太の墓

奥州平泉藤原氏隆盛の時代、金成村で炭焼きをしている藤太という貧しい男が、京都から来た姫と夫婦になり、黄金を掘り当てて長者となったという伝説があります。金成地区には、その伝説の夫婦のお墓が残されています。
 夫婦は3人の子をもうけ、3兄弟は藤原秀衡に仕え奥州と京を行き来する豪商となりました。中でも、長男の橘治は源義経の東下りの案内人「金売吉次」として有名です。

  • 所在地 宮城県栗原市金成宇南崎 Map 6

炭焼藤太1炭焼藤太2

交通アクセス

  • 東北自動車道
    若柳金成ICから自動車で約10分

 

金売橘治神社

金成橘治神社 金売橘治(吉次)は、源義経が奥州藤原氏を頼って奥州平泉に下った際、案内人として手助けしたとされる平安時代末期の伝説上の人物です。
 金売橘治は奥州で産出される金と京の物産との交易を行っていた商人であり、この神社は金運招来・商売繁盛・出世開運などのご利益があるといわれています。

  • 所在地 宮城県栗原市金成平治屋敷 Map 7

交通アクセス

  • 東北自動車道
    若柳金成ICから自動車で約10分

 

姉歯の松

姉歯の松三陸高田の長者の娘朝日姫が選ばれて宮中へ上がる旅の途中、亡くなり、妹の夕日姫がかわって宮中へ上がる時、姉の亡くなったこの地に松を植えて墓じるしにしたという。伊勢物語に「栗原やあねはの松の人ならば都のつとにいさといわましを」と歌われ、歌枕として古来から有名である。

  • 所在地 宮城県栗原市金成梨崎待井24-2 Map 8

交通アクセス

  • 東北自動車道
    若柳金成ICから自動車で約10分

 

小迫の延年

小迫の延年毎年4月第1日曜日に、栗原市金成小迫地区の白山神社境内で「小迫の延年(国指定重要無形民俗文化財)」が開催されます。
 白山神社では、源頼朝が奥州平泉征討の折、戦勝祈願が叶ったお礼に祝杯の宴や馬乗渡し(ばじょうわたし)が催されたと言われています。小迫の延年は、この白山神社での出来事と、白山神社別当寺・勝大寺に伝わる「延年の舞」が結び付いて発展した祭りです。
 境内では、なぎなたを手に舞う入振舞(いりふりまい)や馬上から扇の的を狙う馬乗渡しなどが披露されます。

  • 所在地 宮城県栗原市金成小迫山神77(白山神社) Map 9

交通アクセス

  • 東北自動車道
    若柳金成ICから自動車で約10分

 

櫻田山神社

桜田山神社 櫻田山神社は栗原市栗駒桜田地区にある神社で、正式名称は山神社(さんじんじゃ)。
 安産、子育ての神を祀る神社として知られ、毎年4月第2日曜日に行われる例大祭では、妊婦さんに安産祈願の小さな枕が配られます。
 飛鳥時代(約1500年前)に創建され、栗原市の有形文化財にもなっています。

  • 所在地:宮城県栗原市栗駒桜田山神下104 Map 10
  • 電話番号:0228-49-3631

交通アクセス

  • 東北自動車道
    築館ICから自動車で約30分
    若柳金成ICから自動車で約25分

 

判官森

 栗原市栗駒沼倉にある山で、平泉で自害した源義経の胴体が葬られた地と伝えられる。
 山頂には義経の胴塚とされる五輪塔と石碑が建っている。
 判官森を更に上に登ると、義経を守るように弁慶森がある。
 栗駒小学校の体育館裏に登山道の入り口あり、徒歩10分程度で義経の胴塚まで辿り着く。

判官森義経の胴塚

交通アクセス

  • 東北自動車道
    若柳金成ICから自動車で約20分

 

旧奥州街道力石

旧奥州街道力石源頼義・義家が阿倍氏と戦った前九年の役の際、義家の家来である鎌倉権五郎景政が、2つの石のうち、1つを投げ込んで味方を力づけたため、残ったもう1つの石に「力石」と名付けたと言われている。
奥州街道の目印にもなっていた。

  • 所在地 宮城県栗原市瀬峰力石地内 Map 12

交通アクセス

  • 東北自動車道
    築館ICから自動車で約5分

 

瀬峰一里塚

江戸時代、全国の主要道には一里(約4km)ごとに土を盛った目印である「一里塚」が道の両側に築かれました。
 瀬峰一里塚は現在の市道寺沢線沿いにあります。この道は、江戸時代、高清水宿から佐沼宿を経由して登米宿に至る旧佐沼街道で、旧奥州街道の脇道として重要な性格をもっていました。
 瀬峰一里塚は直径10メートル、高さ1.8メートルで、道路を挟んで二基の土盛りが残っています。道の両側に一対となって残っている一里塚は東北でも珍しく、大変貴重であり、宮城県指定文化財に指定されています。

  • 所在地 宮城県栗原市瀬峰北ノ沢55-6、瀬峰寺沢174-3、瀬峰寺沢168-2 Map 13

瀬峰一里塚1瀬峰一里塚(道路挟んで2基残っている)

交通アクセス

  • 東北自動車道
    築館ICから自動車で約15分

 

瀬峰八幡神社

 瀬峰八幡神社は、源頼義・義家父子が前九年の役の際、戦勝祈願のため勧請したと伝えられています。
 また、毎年1月14日には一年の無病息災を祈って「せみね裸参り」が開催されます。

  • 所在地 宮城県栗原市瀬峰横森前144 Map 14
  • 電話番号 0228-38-3181

瀬峰八幡神社鳥居瀬峰八幡神社本殿

交通アクセス

  • 東北自動車道
    築館ICから自動車で約15分

 

薬師堂(瑠璃殿)・姥杉

 双林寺にある薬師堂は、「お薬師様」、「杉薬師様」と呼ばれています。天平宝字4年(760年)に孝謙天皇の勅願によって開創され、天台宗の伽藍(がらん)48坊を構える医王山興福寺といわれていました。たび重なる火災で一堂だけとなりましたが、天正19年(1591年)に再建されて「双林寺」と改称、宗派も曹洞宗となりました。
 堂内には国指定重要文化財のほかに、県や市指定の有形文化財が数多く安置されています。
 また、双林寺境内には宮城県指定天然記念物の姥杉があります。姥杉は高さ34メートル、周囲10メートルの巨木で、樹齢は1200年を越えるといわれています。

  • 所在地 宮城県栗原市築館薬師台1-1 Map 15
  • 電話番号 0228-22-5028(双林寺)

薬師堂姥杉

薬師堂の文化財

  • 木造薬師如来坐像(国指定重要文化財)
  • 木造二天王立像(国指定重要文化財)
  • 銅造阿弥陀如来立像(宮城県指定重要文化財)
  • 木造地蔵菩薩立像(宮城県指定重要文化財)

文化財収蔵庫(観覧は事前予約が必要です)

  • 観覧時間 午前9時~午後5時
  • 大人300円、高校生100円、中学生・小学生50円

交通アクセス

  • 東北自動車道
    築館ICから自動車で約5分

 

政岡の墓

 伊達藩のお家騒動を脚色した歌舞伎伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)で有名な政岡のモデルとなった白河義実夫人の墓。政岡は第4代伊達藩主綱村(幼名亀千代)の「お乳の人」として,養育にあたった人物です。
 毎年4月29日には、政岡の顕彰と慰霊のため政岡まつりが開催されます。

  • 所在地 宮城県栗原市一迫真坂字館浦地内 Map 16

政岡の墓政岡まつり(パレードの様子)

交通アクセス

  • 東北自動車道
    築館ICから自動車で約20分

 

壇の松

壇の松壇の松は、坂上田村麻呂将軍が東征の際に物見の兵を置いた所と伝えられています。

  • 所在地 宮城県栗原市志波姫南郷字笹ヶ森 Map 17

交通アクセス

  • 東北自動車道
    築館ICから自動車で約15分

 

糠塚遺跡

糠塚遺跡 糠塚遺跡は奈良時代末期から平安時代の大農耕集落跡です。昭和59年に竪穴住居が復元されました。

 

交通アクセス

  • JR東日本
    くりこま高原駅から自動車で約5分

 

志波姫神社

本殿は素木造、一間社流れ造り、屋根は目板葺で江戸時代初期の寺社様式を伝えている町名ゆかりの神社であり、宮城県指定有形文化財に指定されています。

  • 所在地 宮城県栗原市志波姫八樟新田126 Map 19

志波姫神社鳥居志波姫神社本殿

交通アクセス

  • JR東日本
    くりこま高原駅から自動車で約5分

 


自然・景観 / 体験 / 公園 / 学ぶ


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)