ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

多賀城地区連続立体交差事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月5日更新

多賀城地区連続立体交差事業

 JR仙石線多賀城駅周辺では,踏切による交通渋滞や中心市街地の分断などがまちの発展に大きな障害となっています。
 このため,本事業は,JR仙石線多賀城駅付近の約1.8km区間を連続立体交差化し,鉄道を高架化することにより,南北交通の阻害等を除去することを目的とし,さらに,施工中の多賀城駅周辺土地区画整理事業と併せることにより,多賀城駅周辺市街地の一体化と健全な発展を図るものであります。

事業概要

事業主体

宮城県

事業施工 

JR東日本 

事業区間 

多賀城市東田中二丁目付近~伝上山三丁目付近

事業延長 

約1.8km 

事業期間 

平成16年度~平成25年度

事業区間の地図です

 

進捗状況画像
    
 進捗状況 ※写真をクリックすると拡大します。
(1)志引踏切(2)東田中踏切(3)多賀城駅(4)留ヶ谷踏切(5)学校前踏切
高架化前/uploaded/image/40874.jpg東田中踏切/uploaded/image/40876.jpg留ヶ谷踏切学校前踏切

高架化後

志引踏切東田中踏切駅舎留ヶ谷踏切学校前踏切