ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす県政・地域情報県政情報・財政広報・広聴みやぎ県政だより県政ニュース/文化芸術の力で地域を元気に ~文化芸術の力による心の復興事業~(みやぎ県政だより平成30年5月・6月号)

県政ニュース/文化芸術の力で地域を元気に ~文化芸術の力による心の復興事業~(みやぎ県政だより平成30年5月・6月号)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年5月1日更新

吊るし飾りの写真
吊るし飾り

 東日本大震災からの復興が進むなかで、被災された方々の心のケアや地域のコミュニティーづくりが大切になっています。県は、被災された方々が、人とのつながりや生きがいをもって前向きに生活できるよう、平成28年度から「文化芸術の力による心の復興事業」を行っています。

 平成29年2月、被災者支援を行う団体や地域関係者のつながりを作るため「文化芸術の力による心の復興フォーラム」を開催しました。

フォーラム「『復興』という言葉では語りきれないもの」の写真
フォーラム
「『復興』という言葉では語りきれないもの」

 平成30年2月には、地域芸能の成り立ちや魅力を伝えるアウトリーチ授業を南三陸町立志津川小学校で実施しました。人々と地域をつなぐ地域芸能は、コミュニティー再生や心の復興に大きな役割を果たしています。今回は、南三陸町に伝わる「行山流水戸辺鹿子躍(ぎょうざんりゅうみとべししおどり)」について、歴史を学んだり、子どもたち自身が鹿に出会った体験をもとに、自分たちの鹿子躍を作ったりしました。

地域芸能アウトリーチの写真
地域芸能アウトリーチ


 文化芸術のカを活用し被災者支援を行う団体や個人に、活動費用の一部を助成しています。これまで、郷土芸能体験や被災地の子どもたちが出演するミュージカルを実施する団体などに助成しました。
 申請条件など詳しくは県消費生活・文化課のホームページをご覧ください。

これまでの助成事例

災害公営住宅・仮設住宅でのコンサートの写真

災害公営住宅・仮設住宅でのコンサート開催

 石巻市や気仙沼市の復興公営住宅・仮設住宅で、プロのクラシック音楽家によるコンサートを開催しました。コンサートの後には、演奏者と参加者の交流会も開催しました。


地域の伝統を伝える和小物づくりワークショップの写真

地域の伝統を伝える和小物づくりワークショップ

 石巻市の災害公営住宅集会所で、厄よけやお守り、福を呼ぶものとして昔から親しまれている「吊るし飾り」を制作しました。出来上がった吊るし飾りは、市内の神社で行われる慰霊祭へ奉納することを目標にしています。


身体を動かす演劇ワークショップの写真

身体を動かす演劇ワークショップ

 石巻市の地域サロンなどで参加者が声を出したり、身体を動かしたりしながら、日頃感じていることや伝えたいことを短い演劇作品にし、表現することの喜びを体感しました。


お問い合わせ
県消費生活・文化課
TEL 022(211) 2527 
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/syoubun/


>>みやぎ県政だより平成30年5月・6月号トップへ戻る