ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす県政・地域情報県政情報・財政広報・広聴みやぎ県政だより特集/みやぎ・復興の歩み ~ 7年目 ~(みやぎ県政だより平成30年3月・4月号)

特集/みやぎ・復興の歩み ~ 7年目 ~(みやぎ県政だより平成30年3月・4月号)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月1日更新

 3月11日で東日本大震災から7年を迎えます。
 平成29年度は「宮城県震災復興計画」で掲げる「再生期」が終了する年です。被災地では各種インフラの整備が進み、着実に生活の基盤が整ってきました。
 今回は、平成29年度の復興に向けた取り組みの一部をご紹介します。

安心して暮らせるまちに

 沿岸の市町では、災害公営住宅の整備や防災集団移転先のまちづくりが進展し、被災者の生活再建が進んでいます。
 平成29年9月には、高台に再建された南三陸町役場が開庁しました。新庁舎は、地元の「南三陸杉」がふんだんに使われ、開放感のあるロビーには、NPOが運営するカフェが併設されるなど、温かみのある開かれた町役場になっています。
 10月には、気仙沼地域の医療拠点として気仙沼市立病院が移転新築により開院しました。病院内は、各診療科などが効率良く配置され、来院した方の移動負担を軽減するように工夫されています。
 いずれの施設も、多くの方が快適に利用できるデザインを取り入れるとともに、耐震・免震構造や発電設備を備え、災害時には拠点施設としての役割も果たします。

地元の「南三陸杉」を使った南三陸町役場の写真
地元の「南三陸杉」を使った南三陸町役場

地域の新たな医療拠点となる気仙沼市立病院の写真
地域の新たな医療拠点となる気仙沼市立病院

震災の記憶を後世へ

 震災の記憶の風化を防止し、教訓を後世に伝承していくための施設整備が県内各地で進められています。
 平成29年4月に公開が始まった「震災遺構仙台市立荒浜小学校」は、東日本大震災で被災した学校施設としては初めて、校舎内を常時公開しています。
 11月には、震災遺構のJR旧野(のびる)蒜駅プラットフォームを中心に整備された「東松島市東日本大震災復興祈念公園」が完成しました。広場には、津波が到達した高さと同じ3.7メートルの柱がある慰霊碑が建立され、碑内には故人の名前が刻まれています。完成式典では、多くの参列者が故人を追悼しました。

荒浜小学校の写真
荒浜小学校の校内は無料で見学できます
(開館午前10時~午後4時 休館日あり)

故人を追悼し教訓を後世に伝える東松島市東日本大震災復興祈念公園の写真
故人を追悼し教訓を後世に伝える
東松島市東日本大震災復興祈念公園

復興の現場から ~閖上(ゆりあげ)の「生活の場」再建を目指して~

 東日本大震災の津波により大きな被害を受けた名取市閖上地区。震災前は、約7000人が暮らしていたこの地区に、平成29年7月、市内最大となる災害公営住宅「閖上中央第一団地」(140戸)が完成し入居を開始しました。
 被災者の皆さんの生活の場を再建するため、新たな閖上地区のまちづくりに取り組む、名取市震災復興部復興まちづくり課の笠松春久さんにお話を伺いました。

笠松さんの仕事について教えてください

 主に閖上地区の災害公営住宅に関して業者との調整などを行う施工監理を担当しています。この仕事に就く前は、ゼネコンで建築関係の仕事をしていました。定年退職後、自分の経験が少しでも復興に役立つのであればと思い、宮城県の任期付職員に応募しました。

この災害公営住宅の特長は?

 この地区は、津波で浸水したため、元の高さより5メートルかさ上げしています。
 集合住宅は、津波発生時の一時避難ビルとして活用できるように外階段を設けて、地区の住民をはじめ周辺の方々が屋上へ避難できるようになっています。1階部分には住居を設けず、浸水した場合でも生活拠点の被害を最小限にできるように設計しています。

津波避難場所にもなる集合住宅の写真
津波避難場所にもなる集合住宅

閖上地区の今後は?

 閖上地区には平成30年末までに戸建て住宅と集合住宅を合わせて468戸の災害公営住宅を整備する計画です。平成29年12月末現在で、計画の半数以上となる約320戸が完成しました。残る約150戸についても着実に建設を進めています。
 しかし、現状は、近くに商業施設や医療機関が無く、路線バスも運行していないなどの課題があります。
 市は、住民が主体となって設立した「閖上地区まちづくり協議会」からの提案を受けて、協働でまちづくりを進めています。

工事が進む閖上地区災害公営住宅の写真
工事が進む閖上地区災害公営住宅

 今後は、道路を整備して交通の便を向上させ、商業施設や医療施設などを設置するほか、公園や集会所、緑道など住民の憩いの場もつくります。また、この4月には小中一貫の学校が開校する予定です。
 閖上地区に「生活の場」を再建し、将来にわたって発展できるまちづくりを目指します。

名取市震災復興部 復興まちづくり課 技術主幹 笠松春久さんの写真
名取市震災復興部
復興まちづくり課
技術主幹 笠松春久さん


お問い合わせ
県震災復興推進課
TEL 022(211)2443
FAX 022(211)2493
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/fukusui/


>>みやぎ県政だより平成30年3月・4月号トップへ戻る