ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす県政・地域情報県政情報・財政広報・広聴みやぎ県政だよりみやぎのふるさと通信(みやぎ県政だより平成30年1月・2月号)

みやぎのふるさと通信(みやぎ県政だより平成30年1月・2月号)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年1月1日更新

市町村紹介コーナー
県内の市町村からの情報をシリーズでお知らせします

蔵王町(ざおうまち)

ざおうさまのイラスト
ざおうさま

地図:蔵王町

平成29年10月末現在
人口:12,355人
世帯数:4,517世帯
お問い合わせ
蔵王町農林観光課
TEL 0224(33)2215


 蔵王町は、蔵王連峰の麓(ふもと)に位置し、ナシやモモなどの果樹栽培が盛んです。開湯400余年の遠刈田(とおがった)温泉を中心に、四季折々の魅力を楽しめる高原リゾート地です。
 冬は、県下最大級の滑走距離を誇る「みやぎ蔵王えぼしリゾート」と、上質なパウダースノーの「みやぎ蔵王スキー場すみかわスノーパーク」でスキーやスノーボードを楽しめます。

冬の風物詩「雪上花火大会」

 えぼしリゾートで、毎年1月下旬に開催される「えぼし雪上花火大会(今年は1月20日)」。幻想的な松明(たいまつ)滑走に続き、白銀のゲレンデから澄んだ夜空に約千発の花火が音楽と共に鮮やかに舞い上がります。ロマンチックな冬の夜を存分にお楽しみください。

えぼし雪上花火大会の写真
えぼし雪上花火大会

眼前に迫る名物「樹氷(じゅひょう)めぐり」

 12月中旬から3月中旬にかけて楽しめる「みやぎ蔵王の樹氷めぐりツアー」。
 すみかわスノーパークから暖房完備の雪上車「ワイルドモンスター号」に乗り、軽妙なガイドの案内で樹氷原を目指す往復2時間のツアーは、海外からの観光客にも人気です。
 蔵王の大自然が生み出す雪と氷の芸術品「樹氷」の美しさをぜひ間近でご覧ください。

樹氷の写真
雪上車は1日に3便運行。樹氷散策は約10分

富谷市(とみやし)

ブルベリッ娘とブルピヨのイラスト
ブルベリッ娘(こ)とブルピヨ

地図:富谷市

平成29年10月末現在
人口:52,598人
世帯数:18,919世帯
お問い合わせ
富谷市経済産業部
産業観光課
TEL 022(358)0524


 仙台市の北隣に位置する富谷市。人を幸せにするスイーツ(菓子)の力を生かしたスイーツのまちづくりを進めています。

スイーツのまち=とみや
おいしい笑顔を富谷から

 ブルーベリーに次ぐ新たな特産品の開発や農業の6次産業化を進めながら、市内のスイーツ店と農産品の生産者が協力し、和・洋さまざまな「とみやスイーツ」を作っています。
 ブルーベリーをはじめ、シャインマスカット、イチジク、市役所産の蜂蜜など市内で取れた素材をふんだんに使っています。平成28年度から始めた市役所屋上での養蜂は全国でも珍しく、今年度は市民も参加しています(はちみつプロジェクト)。
 スイーツのまちとしてのシティブランドを確立するため、夏のブルーベリースイーツフェアと、秋のとみや国際スイーツ博覧会を開催しています。2回目となった、とみや国際スイーツ博覧会2017(平成29年10月28・29日)には、市内のスイーツ店や全国の有名店も出店し、昨年を上回る3万6200人が来場しました。
 これからも幸せを味わえるスイーツイベントを開催します。富谷市で、「とみやスイーツ」をぜひご賞味ください。

はちみつプロジェクトの写真
はちみつプロジェクトの写真
はちみつプロジェクト

とみや国際スイーツ博覧会2017「お菓子の家」の写真
とみや国際スイーツ博覧会2017「お菓子の家」


>>みやぎ県政だより平成30年1月・2月号トップへ戻る