ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

復興へ(みやぎ県政だより平成28年1月・2月号)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月1日更新

復興に向けて、県内の各地域で活動されている方々を紹介します。

東日本大震災により甚大な被害を受けた東松島市。
津波によって住む場所を失った人も多くいました。
小野駅前応急仮設住宅で誕生したキャラクター「おのくん」。
仮設住宅に住むお母さんたちが作り始めたこのソックモンキーには、「東松島を人々が集まり交流するまちにしたい」という思いが込められています。
「おのくん」を通じて広がる地域を越えた交流や今後の目標について伺いました。

「おのくん」人形

—— おのくん誕生のきっかけを教えてください

 東日本大震災により東松島市は甚大な被害を受けました。津波被害も大きく、避難所での生活は長期にわたりました。東松島市陸前小野駅前仮設住宅は平成23年8月に入居が始まりました。
 仮設住宅の入居者には、震災により仕事を失った方や農作業ができなくなった方が多く手持ち無沙汰な状態でした。「何かみんなでできることはないか」と考えていたところに、仮設住宅に住む子どもたちへと届いたのがソックモンキーです。ソックモンキーは、アメリカで生まれた、1組の靴下で作るサルのぬいぐるみです。これなら靴下と綿があれば作れる!と送ってくださった方に作り方を教えていただいたのが始まりです。

—— おのくんの役割について教えてください

 県内外を問わず、多くの方々に東松島市を知っていただき、訪れてもらうきっかけを作ることです。
 おのくんは県外の方から広まっていきました。震災後、銀座で東松島を知ってもらうイベントにおのくんを持っていったことが始まりです。作った当初は売り物になるなんて思っていなかった人形ですが、イベントでは多くの方に興味を持っていただきました。
 おのくんはインターネット販売を行っていません。また、おのくんを「買っていただく」のではなく「里親になっていただく」と言っています。これはおのくんを気に入ってくれた方に、直接東松島市に足を運んでいただき、わが子となるおのくんを選んでいただくとともに、東松島市の「今」を見ていただくためです。
 震災から4年以上たった現在でも、県外に住むおのくんの里親さんが遊びに来ます。また、県外ではおのくんをきっかけに「里親会」などと新たなコミュニティーも生まれているそうです。おのくんによって人と人とのつながりが生まれているなと実感しています。

—— 活動の中で苦労したことは何ですか

 地元の人々の参加を広げていくことが大変でした。普段の生活もままならない中で、地域おこしや町おこしを考えるのは難しいことです。ボランティアの方々にも手伝ってもらいながら、お祭りや畑作りを継続的に開催するなど、地域に住む人々に参加してもらえるような企画を実施してきました。現在では、地域の若者たちが毎週地域おこしに向けて話し合いを行うなど、たくさんの人が東松島市を盛り上げるために頑張っています。

—— おのくんに関わるプロジェクトについて教えてください

 おのくんの製作は主に主婦の方が担っていますが、地域の若者たちもグッズの製作や、大きなおのくんをイベントに出演させるなど、おのくんを広め、東松島市をPRする活動を行っています。現在では、県内のイベントだけではなく、県外や海外のイベントなどさまざまなイベントに出店しています。
 仮設住宅の集会所を拠点として活動していましたが、ゆくゆくは仮設住宅がなくなってしまうことから小野駅前に「空の駅」という新しい拠点の建設を予定しています。現在は、建設のめども立っておらず、クラウドファンディングを利用して資金を集めている状態です。「空の駅」が東松島市に住む人々やおのくんの里親になってくださった方々など、人々の交流の場になればいいなと思っています。

—— 今後の目標について教えてください

 皆さんに、「東松島市と言えばおのくん」と言ってもらえるぐらい地域に根付いたものになればと思っています。そして、地元の方にも、もっともっと参加していただき、「空の駅」をたくさんの方が交流する、町おこしの拠点にしていきたいです。

【1】~【3】空の駅、ソックモンキーの写真

【4】~【8】小野駅前応急仮設住宅集会所、「おのくん」の人形、イベント出店の様子などの写真

【1】【3】小野駅前に建設している「空の駅」。現在はプレハブで仮営業中
【2】最初に作られたソックモンキー
【4】【5】小野駅前応急仮設住宅集会所
【6】里親を待つおのくん。ちび、小、ふつう、大きいなどさまざまな種類がある
【7】おのくんは一針一針丁寧に手作りされている
【8】イベント出店の様子


小野駅前郷プロジェクト 空の駅プロジェクト 自治会長・代表 武田 文子 さん
小野駅前郷プロジェクト
空の駅プロジェクト
自治会長・代表
武田 文子 さん

代表 新城 隼 さん
代表
新城 隼 さん


お問い合わせ
東松島市小野駅前応急仮設住宅
Tel・Fax 0225(98)8821
おのくんのホームページ


>>みやぎ県政だより平成28年1月・2月号トップへ戻る