ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

みやぎ県政だより平成26年11月・12月号

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年11月6日更新

今月の表紙

角田市

県南部に位置し、市の南北を貫くように阿武隈川が流れている。春には河川敷で菜の花まつりが開催され、多くの人でにぎわう。豊かな自然を利用し、米づくりのほか畜産、梅や大豆などの栽培も盛ん。

高蔵寺阿弥陀堂
【高蔵寺阿弥陀(あみだ)堂】1177年に奥州藤原氏三代目秀衡と妻らによって建立されたと伝えられている、本県最古の木造建築。本尊の阿弥陀如来坐像とともに、国指定重要文化財に指定されている。

旧佐藤家住宅
旧佐藤家住宅
【旧佐藤家住宅】江戸時代中期の仙台藩領内中規模農家の典型的な建物で、昭和46年に国の重要文化財に指定された。家の中には土間やいろりがあり、農機具などが置かれている。

仙南シンケンファクトリー
【仙南シンケンファクトリー】本場ドイツ風地ビールを味わうことができる。県産の豚肉を使ったハム・ソーセージや、仙台牛、地元産の新鮮な食材を使ったランチも好評。

四方山
【四方山(しほうざん)】角田市の東、亘理町と山元町との境に位置し、東には太平洋の大海原、西には雄大な蔵王連峰を望むパノラマが楽しめる。

角田市スペースタワー・コスモハウス
【角田市スペースタワー・コスモハウス】実物のロケットエンジンや人工衛星の実物大模型などが展示されている。また、宇宙や科学に関するイベントも開かれている。

地図

シリーズ「復興へ」(角田市)
みやぎ仙南農協肥育牛部会
肉用牛を育てる畜産農家らの団体「みやぎ仙南農協肥育牛部会」。震災と原発事故による出荷停止や価格下落などの苦境に直面しながらも、安全でおいしい和牛を生産するための努力を続けています。


内容

視覚に障害のある方のために、点字またはCDによる県政だよりをお届けしています。

お問い合わせ
宮城県視覚障害者福祉協会
TEL 022(257)2022

発行月について

「みやぎ県政だより」は奇数月発行です。
次の発行は平成27年1月です。

みやぎの人口

みやぎの人口(平成26年8月末現在)
住民基本台帳人口2,328,430人
世帯数960,355世帯
1,135,068人
1,193,362人
※うち、外国人住民基本台帳人口は15,201人です。

宮城県へのお問い合わせ

県庁内の担当部署が分からない場合は

電話案内番号【代表】
TEL 022(211)2111(平日・・・午前8時30分~午後5時45分)

消費生活トラブルに関するご相談は

県消費生活センター 
TEL 022(261)5161
(平日・・・午前9時00分~午後5時00分、土・日・・・午前9時00分~午後4時00分)

パスポートに関するお問い合わせは

県パスポートセンター 
TEL 022(211)2278(平日・・・午前8時30分~午後5時15分)

県政だより平成26年11月・12月号(PDF版)

kensei201411 [PDFファイル/5.31MB]【12月8日変更】


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)